平成28年度補正小規模事業者持続化補助金の公募中です!|経営者の心をつかむ補助金サポート

日税グループは、税理士先生の情報収集をお手伝いします。日税ジャーナルオンライン

MENU

初めての人でも分かりやすい 経営者の心をつかむ 補助金サポート

平成28年度補正小規模事業者持続化補助金の公募中です!

2016/12/21

 平成28年11月4日から平成28年補正予算「小規模事業者販路開拓支援事業(小規模事業者持続化補助金))」の公募が行われています。この補助金は、小規模事業者の事業の持続的発展を後押しするため、小規模事業者が商工会・商工会議所の支援を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って取り組む販路開拓等の経費の一部が補助されるものです。

 補助率は対象経費の3分の2、補助上限額は取り組み内容に応じて50万円又は100万円です(熊本地震対策型、台風激甚災害対策型での申請では補助上限額が異なります)。本補助金の応募に当たっては、商工会・商工会議所による確認が必要となります。

Microsoft Word - 画像保存お願いいたします。

■小規模事業者とは?
小規模事業者とは、製造業、その他の業種に属する事業を主たる事業として営む会社及び個人事業主のことで、常時使用する従業員の数が20人以下(卸売業、小売業、サービス業(宿泊業・娯楽業を除く)に属する事業を主たる事業として営む者については5人以下)の事業者をいいます。

■公募期間は?
平成28年11月4日(金)~平成29年1月27日(金)当日消印有効
※熊本地震対策型、台風激甚災害対策型での申請では公募期間が異なります。

■補助対象期間は?
交付決定日~平成29年12月31日(日)
※補助対象期間とは、採択された事業者が実際に対象となる経費について発注、納入、検収、支払等の手続きを行う期間です。

■補助対象経費は?
機械装置等費/広報費/展示会等出展費/旅費/開発費/資料購入費/雑役務費/借料/専門家謝金/専門家旅費/車両購入費/委託費/外注費

■予算規模は?
120.0億円

※アンテナ※
 内閣府経済財政諮問会議の検討体制の一端として開催されている「教育、産業・雇用等ワーキンググループ」の第4回(2016年4月5日)会議資料「小規模事業者持続化補助金について(中小企業庁)」によれば、平成25年度補正における同補助金の申請件数は2万7409件、採択件数は1万3327件(48.6%)、平成26年度補正における同補助金の申請件数は5万9853件、採択件数は3万3855件(56.6%)でした。ものづくり補助金や創業補助金に比べて採択率が高く、販路開拓に係る様々な経費が補助対象となりますので、小規模事業者の方、その支援をされている方は、ぜひ公募要領をご確認ください。

※関連サイト※
中小企業庁HP 「平成28年度第2次補正予算「小規模事業者販路開拓支援事業(小規模事業者持続化補助金)」の公募を開始します」
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/shokibo/2016/161104jizoku28.htm

PAGE TOP