日税グループは、税理士先生の情報収集をお手伝いします。日税ジャーナルオンライン

MENU

トラブルは現場で起きている!

2022/05/30

非営利団体がマネーロンダリングの隠れみのに

 日本のマネーロンダリング(資金洗浄)対策は、NPOを隠れ蓑にした資金洗浄など、非営利団体への監視が不十分であると指摘されています。2021年8月、国際組織「金融活動作業部会」(FATF)から、我が国の対応は「実質不合格…

2022/03/30

権勢を誇った人物が理解できなかったこと

 「金木は私の生まれた町である」と作家の太宰治はその自伝的小説『津軽』に書いています。青森県北津軽郡金木町。この町の出身者としては他に、歌手の吉幾三と日本大学の田中英寿前理事長が知られています。  国内最大規模の学…

2022/02/22

組合員を裏切っていた漁業協同組合

 静岡県の焼津は、カツオの水揚げで日本一を誇る漁港です。その焼津の漁師たちの間では以前からうわさがあり、不思議がられていました。九州で水揚げすると水揚げ量が多いのに、なぜか焼津では水揚げ量が減っているというのです。昨年、…

2022/02/03

社会福祉法人改革の裏で巨額の売買

 社会福祉法人の私物化に歯止めをかける社会福祉法人改革のための法案が成立したのは、2016年3月でした。しかし、その裏で、この改革をあざ笑うかのように、社会福祉法人の巨額の売買が行われていたことが明らかになりました。 …

2021/12/27

財産の帰属をめぐる二つの事件

 国税庁は、令和3年12月に2020事務年度の相続税の税務調査の状況を発表。その中で関東信越国税局が公益法人がらみで22億2,000万円の申告漏れを指摘したことを明らかにしました。  それによると、公益法人を主宰す…

2021/12/07

相次ぐ不祥事で窮地に立つ学校法人

 私立大学などを運営する学校法人は、理事会が最高議決機関で、評議員会はあくまで理事長の諮問機関にとどまるものとされてきましたが、このところの相次ぐ不祥事を受けて、組織のあり方が見直されようとしています。理事会は教職員など…

2021/11/16

財政ひっ迫のバチカン、裁かれる聖職者たち

 コロナ禍の影響でロックダウンが行われたイタリアでは、観光が数か月にわたり禁止となり、その影響でローマ市内にあるバチカンを訪れる旅行者も大きく減少したのに加えて、世界中のカトリック教徒からの寄附金もすっかり乏しくなったこ…

2021/11/05

東京都の「食肉市場」で消費税の申告漏れ

 「えっ、国や地方公共団体も消費税を納めてるんですか?」と驚かれることがありますが、納めてるんです。消費税は、国や地方公共団体も事業者として消費税の納税義務があります。  もっとも、国や地方公共団体は、租税や補助金…

2021/10/25

特定医療法人の承認が取り消された徳洲会事件

 非営利の世界で関係者に特別の利益を与えることは、ときに法人の“命とり”となります。公益社団法人や公益財団法人、認定NPO、一般社団法人や一般財団法人の非営利型法人など、関係者に特別の利益を与えないことが求められ、それに…

2021/08/30

宗教法人は非課税でも、個人の祈祷師は課税!?

 法人には、といっても会社などではなく宗教法人などの公益法人等の話ですが、収益事業、非収益事業の別はあっても、個人には収益事業、非収益事業はありません。ですから、個人が宗教活動を行って収入を得た場合には、これが対価性のな…

PAGE TOP