日税グループは、税理士先生の情報収集をお手伝いします。日税ジャーナルオンライン

MENU

トラブルは現場で起きている!

2018/12/12

第7回 信託契約の一部を公序良俗に反して無効であるとした判決~ 平成30年9月12日東京地裁判決~

1.家産承継と遺留分  末期がんにより数日の命と診断されたSさんが、委託者となり、家の跡継ぎを託した次男Tを受託者とし、信託の目的に「祭祀を承継する次男において、その子孫を中心として管理、運用することにより、末永く委託…

2018/11/09

第6回 父母に対する扶養義務を考えた信託受益権と課税問題 ~税法を知らない危うい事例~

リーガルチェックの依頼  最近、弁護士のJ氏から「金銭等の管理処分に関する信託契約書」のリーガルチェックを依頼された。添付の資料には、信託契約の関係者は、50歳代の委託者S氏と受益者がその両親、受託者がS氏の長男T氏で…

2018/10/09

第5回 認知症と類似の「高次脳機能障害」を知る

 脳卒中で倒れた人などの後遺症として、「病気は治ったのだが、何かおかしい」「理解できない行動をする」という特異な精神上の障害がみられますが、これも知らなければならない大事な病気です。  この病気は、よく認知症に間違…

2018/09/07

第4回 認知症(成年後見)と「資産凍結」(その1)

 最近、よく、「後見(成年後見)が開始されると、本人の財産は凍結される」という話を聞きます。  現に、平成30年8月23日付け日本経済新聞1面に、「認知症患者、資産200兆円に」「マネー凍結懸念 対策急務」という大…

2018/08/17

第3回 家族信託は信託の目的で決まる ~親なき後支援信託での相続対策には限界がある~

家族信託では信託設定の目的が大事  ある税理士の人が、自らを受託者とする家族信託契約を締結したのですが、信託口座を開設するために、その信託契約書をある金融機関に持ち込んでこられたことから、それを私がリーガルチェックしま…

2018/07/20

第2回 遺留分を侵害する家族信託契約はできるのか

家族信託を利用するには「信託の基本」を知ることが大事  税理士の方が、顧客の人に、家族民事信託を奨めるにあったては、先ず、家族民事信託の役割とともに、信託の基本(本質)を理解して説明する必要があります。  専門家…

2018/07/20

第1回 遺言相続、後見に代替する「家族信託」

 私が、5年前に発刊した「新しい家族信託」と題した本の副題が、この「遺言相続、後見に代替する信託の実際の活用法と文例」でした。  今回、税理士向けに、相談事例を中心に、この家族のための民事信託(家族信託)を紹介する…

PAGE TOP