日税グループは、税理士先生の情報収集をお手伝いします。日税ジャーナルオンライン

MENU

教えて熊王先生 消費税の落とし穴はココだ!税理士 熊王征秀

2018/06/06

簡易課税制度と3年縛りの関係~高額特定資産を取得した場合~

Q.私は不動産賃貸業を営む個人事業者です。平成29年分までの消費税の確定申告では、簡易課税制度の適用を受け、仕入控除税額の計算をしています。私は平成30年8月中に完成する貸店舗の建築費につき、消費税の還付を受けるべく、平…

2018/02/09

国際電子商取引と消費税(その2) リバースチャージ方式の適用

Q. 当社は外国法人A社との契約により、電子書籍の配信を受けています。電子書籍は直接A社から配信されていますが、契約交渉・契約書の作成・代金決済等の事務はA社の代理店であるB社(内国法人)が代行しています。当社は、B社に…

2017/11/09

国際電子商取引と消費税(その1) 著作権の譲渡・貸付けの取扱い

Q. 当社(内国法人)は、外国法人A社が著作権を有するソフトウエアの販売権を取得し、国内のエンドユーザーに対してインターネットにより販売(配信)しています。当社と外国法人A社との取引については国際電子商取引に該当し、当社…

2017/07/19

居住用賃貸物件を売却 消費税の課税はどうなる?

Q.私は不動産賃貸業者です。年間の家賃収入は3,000万円ほどありますが、居住用の賃貸物件が大半を占めることから、消費税の納税義務はありません。  私は平成28年中に中古の居住用賃貸物件を売却しましたが、売却収入の…

2017/05/30

課税売上高が5,000万円超 簡易課税の適用事業者の注意点

Q.私は不動産賃貸業を営む消費税の課税事業者です。仕入控除税額の計算は、簡易課税制度の適用を受け、消費税の確定申告をしています。私は平成27年中の課税売上高が5,000万円を超えたことにより、平成29年分の申告は本則課税…

2017/02/07

年末に不動産賃貸業を承継 消費税で注意すべきことは?

Q.不動産賃貸業を営む父が平成28年12月中に他界したことにより、サラリーマンである私は父の賃貸物件(商業用ビル)を相続により承継することになりました。承継した物件の家賃収入は年間およそ6,000万円です。私の不動産賃貸…

2016/12/02

社宅家賃と借上料を相殺 課税売上割合の計算は…?

Q.当社では、マンションを一棟借り上げて従業員用社宅として利用しています。従業員から収受した社宅家賃については、監査法人の指導により社宅の借上料と相殺しています。このような経理処理をしている場合には、決算書においても社宅…

2016/11/17

元請業者が工事の材料を支給 有償or無償で事業区分が変わる

Q.当社は内装工事の下請事業を営んでおり、仕入控除税額の計算は、簡易課税制度の適用を受けています。当社の口座には、毎月の元請に対する請求金額から、元請が負担した材料代を相殺した後の金額が振り込まれてきます。当社の事業は建…

2016/10/21

賃貸マンションの駐車場 非課税となる条件とは…?

Q.居住用マンションと共に敷地内の駐車場を賃貸しています。賃貸借契約書では、家賃と駐車場料金は、その内訳を区分しないで賃貸料を設定しています。このような場合には、家賃だけでなく、駐車場部分も含めた賃料の全額が非課税になる…

2016/10/19

兄弟が賃貸物件を共有で相続 課税事業者か否かの判定は?

Q.私の父は、不動産賃貸業を営む消費税の課税事業者ですが、平成26年中に病気のため他界しました。本件相続に係る相続人は、私(兄)と弟の二人であり、いずれも給与所得者です。兄弟が賃貸物件を共有で相続した場合の納税義務はどう…

PAGE TOP