日税グループは、税理士先生の情報収集をお手伝いします。日税ジャーナルオンライン

MENU

関与先を明るい未来へ導く事業継承コンンサル 虎の巻

2021/08/20

第8回:遺産分割対策としての会社分割の活用方法

 親が支配・経営していた会社の株式を二人の子がそれぞれ相続し、そのままその会社を共同で経営する場合、トラブルが生じるおそれがあります。そのような場合、親の将来の相続(会社の承継)に備えて、生前に会社を二つに分けておく(=…

2021/08/12

第7回:種類株式の相続税法上の評価

1.種類株式の相続税法上の評価方法(原則)   種類株式の評価方法については、財産評価基本通達(以下「評価通達」という。)には定められていませんが、「平成25年版 財産評価基本通達逐条解説」の684頁~685頁の「…

2021/07/02

第6回:属人的株式を活用した対策    

1.会社法の取扱い  株主は、保有する株式の内容及び数に応じて、平等に取り扱われなければいけません(会社法109条第1項)が、非公開会社(すべての株式について定款で譲渡制限をつけている株式会社)については、剰余金の…

2021/06/24

第5回:拒否権付種類株式(いわゆる黄金株)を活用した対策

1.拒否権付種類株式とは  拒否権付種類株式(黄金株)とは、株主総会において決議すべき事項のうち、当該決議のほか、黄金株を保有する株主を構成員とする種類株主総会の決議があることを必要とするもの(会社法108条第1項…

2021/06/01

第4回:議決権制限株式を活用した対策   

1.会社オーナーの財産構成と遺産分割  会社オーナーの財産に占める自社株式の割合が高いと、後継者である相続人と会社経営に関与しない相続人との間で、遺産分割のバランスが取れないケースがあります。そのような場合には、や…

2021/05/17

第3回:非上場会社における種類株式の取扱い

1.種類株式とは  株式の有する権利内容は原則として同じですが、会社法では権利内容が異なる複数の株式を発行することができるとされています(会社法108条第1項)。具体的には、受け取る配当の金額や行使できる議決権の内…

2021/04/26

第2回:非上場株式が未分割である場合の議決権の取扱い

 中小企業のオーナー経営者の相続の際に、遺産分割協議がまとまらず、相続財産である非上場株式が未分割である場合には、その株式に係る議決権の取扱いに注意を要します。今回はその場合における議決権の取扱いについて説明します。 …

2021/04/06

第1回:事業承継対策の基本的な考え方

 中小企業のオーナー経営者が親族の後継者に自社株式を承継する際に、最も大切なことは、①後継者に自社株式や事業用資産を集中させる(「経営権の確保」)のはもちろんのこと、②後継者以外の相続人に遺留分以上の遺産を相続させる(「…

PAGE TOP