日税グループは、税理士先生の情報収集をお手伝いします。日税ジャーナルオンライン

MENU

お悩み解決!相続コンシェルジュ

2017/03/31

遺産分割協議中の株式の権利行使者

<質問> 社長であった父が亡くなりました。父が会社の株式の大部分を持っていたのですが、遺言はありませんでした。私は弟と折り合いが悪く、次期社長の座をめぐって争いになりそうです。遺産分割協議の成立までにはある程度時間がかか…

2017/03/24

遺産分割協議と民法541条による解除の可否

<質問> 父が亡くなり、母と長男、次男、長女、次女の5人が相続人となりました。遺産分割協議の結果、長男が、法定相続分より多い遺産の分割を受けましたが、その際、長男は他の相続人に対し、「長男として母と同居し、母を扶養し、長…

2017/03/21

遺産である建物の相続開始後の使用

 <質問> 母が数年前に亡くなってから、私は父とともに、父が所有する建物に家族として同居してきました。このたび父が亡くなりましたが、引き続き、遺産である建物に住み続けていたところ、兄から、私の持分を超えて建物全部を使用す…

2017/02/21

遺産分割協議成立までの賃料収入の帰属

<質問> 父が亡くなり、母Aと子2人(B・C)が相続人となりました。遺言書はありません。遺産には賃貸用の不動産があり、遺産分割協議が成立するまでの間、毎月賃料収入が発生しています。後の遺産分割協議によって、この不動産は、…

2017/01/06

代償分割における取得遺産額を超える代償金の可否

<質問> 被相続人の相続人は、長男Aと二男Bの2人である。相続財産は、宅地と家屋で、その相続税評価額は3,000万円である(宅地について、小規模宅地等の特例の適用はない)。このほかの相続財産は、預貯金が500万円あるのみ…

2016/11/10

相続時精算課税に係る贈与の申告漏れと課税関係

<事例> 個人甲は、事業用資金が必要となった長男Aを援助するに際し、税理士と相談の上、Aに2,000万円の現金を贈与し、Aは相続時精算課税を選択して贈与税の申告を行った。 その後3年が経過したが、突然にAから税理士に次の…

2016/10/13

相続における生命保険金の「受取人」の意義

<質問>  次の2例における生命保険金について、共同相続人間で遺産分割協議を行い、その保険金の取得者を決定する予定であるが、課税上の問題はないか。①被相続人の相続人は、子A、子B及び子Cの3人であり、配偶者は既に死亡して…

2016/09/23

相続税の土地評価で10%減額が認められる場合

<質問> 相続税を計算する際、相続財産の土地に騒音などの特別な理由がある場合には、路線価をもとにした評価額から10%分の減額が認められる場合があると聞きました。それはどんな場合でしょうか。…

2016/09/07

準確定申告で配偶者控除を適用後、相続した不動産を売却したら?

<質問> 夫が今年の6月に亡くなりました。私は専業主婦ですので、夫の準確定申告でも配偶者控除の適用を受けて申告しました。その後、分割協議も終わり、相続税の納税のために、相続により取得した不動産の一部を年内に売却しました。…

2016/08/22

相続した賃貸物件の賃料の帰属先と遺産分割について

<質問>  不動産賃貸業を営んでいた甲が死亡しました。甲は遺言書は作成していません。甲の相続人は配偶者と子供3人(A,B,C)で現在、遺産分割協議中です。甲の相続財産に貸家がありますが、その賃料に係る不動産所…

PAGE TOP