日税グループは、税理士先生の情報収集をお手伝いします。日税ジャーナルオンライン

MENU

インタビューInterview

元気で明るく自信を持てば女性会計人はもっと活躍できる

2019/06/07

中島加誉子 税理士

――税理士を目指したキッカケからお聞きします。
 大学の必須科目で簿記を学びましたが、とても理解しやすく楽しかったので、これは私に向いていると思いました。その後、税理士試験の簿記論と財務諸表論に合格し、せっかくだから5 科目合格にチャレンジしようと4科目まで合格しましたが、当時、会計事務所で働きながら税理士を目指そうという考えはなく、大学卒業後は、システム会社や外資系のアパレル会社などで働きました。そして、いろいろな業界や会社を見ていく中で、経営者を専門家として支えたい、直接対面してサービスをしたいという思いが強くなり、都内の税理士法人に就職しました。

――その間、残り1科目の勉強はされていましたか。
 まったくしていません。それなのに、税理士法人の採用面接の時、代表から「今年受験するんでしょ」と言われ、条件反射で「はい」と答えてしまいました。当時、子どもがまだ1歳で、フルタイムで働きながら育児をするような状況です。平日は勉強する時間はほとんどなく、週末に時間を作って必死に勉強しました。5 月から始めたので納得できる勉強はできませんでしたが、「受験しない人に合格はない」という気持ちで挑んだところ、相続税法を一回で合格できました。受験しておいて本当に良かったと思いました。

――税理士法人にはどれくらい勤めていましたか。
 12 年ほどお世話になりました。中小企業から大きな上場会社まで担当させていただき、そのほかファンドの組成や運用支援、相続・事業承継コンサル、医業経営コンサルを任されるなど、様々な経験をさせていただきました。後半は管理職でしたのでマネジメントが中心でした。子供が大きくなってから独立を意識するようになりましたが、お客様はどのように増やすのか、一人でやっていけるのか、不安ばかりで自信が持てませんでした。しかし、その後も独立の思いは消えず、思い切って退職を決意しました。意外なことに、独立してみると心配していたことは何ひとつ起こらず、逆に思いもしなかったことばかり起きました。そのほとんどが良いことです。

――どのようなことが起きましたか。
 例えば、子どもの学校のPTAをしていましたが、一緒にPTAをしていた友達が、急に会社を継ぐことになり、そこの顧問税理士をお願いされました。同じくPTAをしていた別の友達から保険会社の支社長をしているご主人を紹介されたのですが、それ以来、いろいろと仕事に繋がるお話をいただいています。まさか“ ママ友” から仕事がくるなんて考えもしませんでした。

――関与先が増えてくると、人の採用という問題が出てきますね。
 事務所を大きくすることは、ひとつの成功パターンであり、多くの職員を抱えることでサービスの幅も広がります。しかし、それが私にとって楽しいことなのかどうか、非常に悩みましたが、最終的に出した答えは、職員を採用せずに一人で仕事をするスタイルでした。この決断は、困ったときに支えてくれる同業者の方々が周りにいなければできなかったと思います。

――お客様との付き合いの中で大切にしていることはありますか。
 相手にも自分にも誠実であることを心掛けています。お客様に対してはどれだけ誠実に思っていても、行動に移さなければそれは伝わりません。勤務時代、私が担当していた上場会社から税務の取扱いで難しい質問を受けたことがありました。その場で回答はしましたが、電話を切った後、気になるところが出てきたのでいろいろと調べてみて、翌日、こちらから再度電話をかけました。税務のプロとして、一回ですべて回答できなかった自分が恥ずかしく情けなかったのですが、お客様が「あの後、ずっと私たちの会社のことを考えてくれていたんですか!有難うございます」といって感動してくれたのです。それ以来、お客様のことで気になったり、心配なことがあれば、すぐに連絡をとって自分の思いを伝えるようにしています。「いつもあなたのことを気にかけています」ということを行動で伝えることは、とても大事だし喜ばれると身を持って感じています。

税理士の仕事に魅力を感じてもらうためニュース番組にコメンテーターとして出演

―― 中島先生はテレビのニュース番組に出演されているそうですね。
 独立後に思いもしないことが起きたと言いましたが、まさにテレビ出演もそのひとつです。知り合いからテレビに出てみないかとの誘いを受けて、最初は断っていましたが、芸能事務所の社長に一度お会いして話をしたところ、とても立派な方だったので在籍だけさせてもらいました。すると、すぐに東京MXテレビの朝のニュース番組にコメンテーターとして出演することが決まりました。テレビには、多くの文化人、コメンテーターが出演していますが、経済や税金のほか、家計などについて話せる人を探していて、私にオファーがきたそうです。

――テレビの出演は慣れましたか。
 緊張はしないのですが、まだまだ上手にコメントはできていません。ですが、税理士の仕事を知ってもらう貴重な機会ですから、呼ばれたときには頑張っています。その番組には、弁護士のコメンテーターはたくさんいますが、税理士は私一人だけです。ほかの情報番組やニュース番組でも、弁護士はよく見かけますが、税理士はほとんどいませんよね。税理士としてテレビに出て、税金やお金の話を分かりやすく解説することで、税理士という職業に少しでも魅力を感じてもらい、税理士になりたいという若者が一人でも増えれば嬉しいことです。特に、会計事務所の業務は女性に向いているところが多いので、女性の方に興味を持ってもらいたいですね。

――どのような点が女性に向いていると思いますか。
 女性には「共感力」という素晴らしい能力があります。これは、営業にも税理士というサービス業の実務にも大いに活かせるものです。親しみやすく、安心感や信頼感も生まれやすい。これは大きなアドバンテージといえます。そうした女性の強みを上手く活用し、活躍してもらうことで、事務所の雰囲気もガラリと変わってくるはずです。現在、私は「JP女性会計人フォーラム」というグループの代表を務めていますが、勉強会などにメンバーが集まるたびに女性会計人のパワーを感じています。

――JP女性会計人フォーラムについて教えてください。
 フォーラムでは、会計事務所に勤務する女性スタッフを“ 女性会計人” と定義づけ、事務所経営を「攻め」と「守り」の両面から捉えて、事務所発展の戦略を女性の視点で創り上げることを目指しています。「攻め」となる営業面の開拓では、主に資産税ビジネスの案件開拓に取り組んでいます。「守り」の面では、女性の潜在的能力を事務所経営に活かすための活動を展開しています。元気で明るく自信を持てば、女性会計人はもっともっと活躍できます。女性が元気な職場には活気が生まれます。税理士業界においても、女性の多様な働き方を受け入れられるような環境づくりのメッセージをフォーラムから発信してきたいですね。そして、情熱を持って女性が元気よく活躍できる仕掛けを作っていきたいと考えています。

PAGE TOP