日税グループは、税理士先生の情報収集をお手伝いします。日税ジャーナルオンライン

MENU

トラブルは現場で起きている!

2018/01/09

日本相撲協会と公益法人の技術的能力

 何かと話題の多い日本相撲協会が、力士の暴力問題で揺れていますが、日本相撲協会よりも先の平成25年に暴力問題が浮上して組織改革を求められたのが、同じ公益財団法人の全日本柔道連盟だったことはまだ記憶に新しいところだと思いま…

2017/12/18

一般社団法人等を悪用した課税逃れにメス!

 一般社団法人や一般財団法人は、会社のように誰かが所有する仕組みがなく、持分がありませんので、そこに個人の財産を移し替えてしまえば、相続税はかからず、いいように私物化して使うことができる。そんな虫のいい話があるわけがない…

2017/12/04

仲見世通りの家賃と固定資産税をめぐる騒動

 年貢の納め時という言葉に残されているように、江戸時代までの税金は年貢でしたが、寺社については寄進を受けこそすれ、年貢が取られるようなことはありませんでした。明治になって、年貢は地租に変わります。地租は、国税の中心として…

2017/11/20

売買された社会福祉法人

 社会福祉法人の理事は、平成29年4月1日から評議員会で選任されるようになりました。これは、社会福祉法人改革の一つの成果といえるでしょう。というのも、改革が行われるまでは、社会福祉法人の理事は、理事長あるいは理事によって…

2017/10/11

宗教法人の土地売却代が宝飾品や怪しい団体に・・・

 お寺の住職さんは、他に和尚(おしょう)さんという呼び方もあります。また、宗派によっては、上人(しょうにん)さんとか、方丈(ほうじょう)さんと呼ばれることもあるようです。しかし、新聞などで取り上げられるときは、決まって住…

2017/09/19

実行委員会がなぜ問題になったか

 全国各地で行われるイベントの多くは、市民参加の実行委員会などが主催者となって開催されますが、有料のイベントともなると、入場チケットを販売して得られる興行収益も相当の金額に上ります。  実行委員会にはボランティアの…

2017/09/06

ラグビーと税金のあやしい関係?

 東京オリンピックは2020年ですが、その前年の2019年秋には、ラグビーワールドカップが日本で開催されます。2015年のイングランド大会では、日本代表チームが強豪国・南アフリカに勝って、「スポーツ界最大の番狂わせ」と世…

2017/08/24

収入按分が否認されたケース

 マスコミは脱税や申告漏れを報道する側だとばかり思っていたら、大間違い。結構、報道される側に回ることも少なくないのです。全国の新聞やテレビにニュースを配信している共同通信社が、東京国税局から税務調査を受け、2007年3月…

2017/08/07

公益認定を取り消されたシルバー人材センター

 埼玉県入間市の公益社団法人入間市シルバー人材センターが、今年の平成29年3月31日付で埼玉県から公益認定の取消し処分を受け、突然のことに何が起きたのかと話題になりました。というのも、これまでの公益法人の例では、取消しに…

2017/07/12

守ろう信号、なくそう不正

 明治27年に起きた日清戦争では、日本軍の死者は2年間で1万7千人に上りました。昭和30年代に交通事故での死者が年間1万人を超えて、これを上回る勢いであったことから「交通戦争」という言葉が生まれましたが、年間の死者が4千…

PAGE TOP