日税グループは、税理士先生の情報収集をお手伝いします。日税ジャーナルオンライン

MENU

税務ニュースTaxation Business News

税務ニュース一覧

2021/01/13

DX実現を税制面から後押し デジタル化の遅れに対応

 令和3年度税制改正大綱の法人税関係では、新型コロナウイルスの感染拡大で浮き彫りになったデジタル化の遅れに対応するため、デジタルトランスフォーメーション(DX)実現を税制面から後押しすることが盛り込まれた。…

2021/01/12

つみたてNISA 2020年9月末時点で274万口座を突破

 金融庁がこのほど発表した「NISA・ジュニアNISA口座の利用状況調査」(2020年9月末時点)によると、一般NISAの口座数は1209万5813口座で、買付額は20兆2060億6899万円となった。…

2021/01/08

令和2年分の路線価等の補正 7月から9月は今月下旬に公表

 国税庁はさきごろ、令和2年分の路線価等の補正(7月~12 月分)に係る対応について公表した。  昨年7月1日、令和2年分の路線価および評価倍率を記載した路線価図等が国税庁ホームページで公開されたが、その際、「今後…

2021/01/07

相続人が複数いる場合の相続税申告書作成のリーフレットを掲載

 国税庁はこのほど、同庁ホームページに「複数の相続人等がいる場合の相続税の申告書の作成方法」のリーフレットを掲載した。  令和3年度税制改正の大綱において、税務関係書類における押印義務の見直しを行うことが盛り込まれ…

2021/01/06

2年分確定申告 申告会場への「入場整理券」を忘れずに!

 令和2年分確定申告において、国税庁では新型コロナウイルス感染症の感染リスクを軽減するため、自宅から申告できるe-Taxの利用を呼び掛けているが、確定申告会場において申告する場合は、会場の混雑緩和を図るため、会場に入場で…

2021/01/05

令和元年分の相続税申告状況 課税対象の被相続人は11万5267人

 国税庁がさきごろ発表した令和元年分の相続税の申告状況(2020年11月2日までに提出された相続税額のある申告書に基づく)によると、令和元年の1年間(令和元年1月~12月)における被相続人数(亡くなった人)は138万10…

2020/12/25

2年度税理士試験の合格者648人 受験者数は前年度から3106人減少

 国税庁はこのほど、令和2年度(第70回)税理士試験結果を公表した。合格者数は前年度より101人少ない648人(内、女性158人)だった。受験者数は2万6673人(内、女性6703人)で、前年度より3106人減少した。税…

2020/12/24

一部の税務関係書類を除き押印不要に 4月1日の施行日前から

 令和2年12月21日に令和3年度税制改正大綱が閣議決定されたことで、税務関係書類の押印の見直しが行われる。

2020/12/23

相続税調査 海外資産に係る申告漏れ等の非違件数が過去最高

 国税庁が公表した令和元事務年度における相続税の調査状況によると、実地調査の件数は1万635件(平成30事務年度1万2463件)、このうち申告漏れなどの非違があった件数は9072件(同1万684件)で、非違割合は85.3…

2020/12/21

報酬自動支払制度 『請求書』の無料送信サービスを開始

 税理士協同組合の『報酬自動支払制度』のネット型「e-NET」に新機能が登場。税理士先生に代わり関与先様へ『請求書』をメールで無料送信する新サービスが始まりました。 …

PAGE TOP